ドラマ好きのひとりごと

国内・海外ドラマ・映画の感想レビューブログ。ネタバレありなので、NGの方は回れ右でお願いします。

ドラマ「獣になれない私たち」第1話のネタバレ感想

秋の注目のドラマスタート!「獣になれない私たち」略して「けもなれ」第1話では、4人の男女の出会い、そして気を使いすぎて自分をすり減らしてしまう女・晶と、毒舌男の恒星との頭でっかちな恋のはじまりが描かれています。

 

「逃げ恥」の脚本家・野木亜紀子、さらに新垣結衣&松田龍平W主演で初回視聴率11・5%を記録し、好スタート。

 

では、さっそくあらすじとレビューをいってみましょう!


「獣になれない私たち」1 話のあらすじ

晶と京谷、恒星と呉羽の出会い

 

バー「5tap」で、4年越しの恋人同士の晶と京谷が親に会う話などをしていると、もう一組の男女・恒星と呉羽が目立って気になる。

呉羽はいきなり「私、結婚したの!」と宣言して、店内は一気にお祝いムードに。

 

てっきり恒星と呉羽が結婚するのかと思いきや、呉羽の結婚相手は別の男性だという。

 

「お互いにたいして好きじゃなかった」

と醒めた二人を見て、晶もまた、自分と京谷との関係に思うところがあると悩んでいた。


ブラック企業で働き、気疲れでボロボロの晶

 

晶はECサイトの制作会社に勤務。

 

社長の九十九は晶を小間使いのように使い倒し、ひっきりなしに電話で用事を言いつけられる。

笑顔で丁寧に、一生懸命に仕事をやりきろうと頑張る晶。

 

でも、頑張れば頑張るほどにのしかかる大量の仕事に神経もすり減らしてボロボロに・・・


疲れ切った晶に恒星の毒舌炸裂

 

辛い仕事をやりきって、バー「5tap」で癒やされにきた晶。

偶然、恒星と一緒になり会話するも、恒星のツッコミが激しい毒舌炸裂。

 

先日の呉羽とのことを尋ねると、「人生の残り時間が少ない」とでまかせの重すぎる理由を語り、呉羽を追い返す。

 

恒星は晶のことを「人形みたいで嫌い」だと、笑顔が嘘っぽいと聞こえるように話し・・・

 

京谷と暮らす謎の女・朱里

 

京谷は、母親と晶を会わせるイベントをこなしたあと、自宅に戻ると部屋を散らかしてネトゲに熱中する謎の女が。

 

一緒に暮らす謎の女・朱里に、晶のことを報告する京谷。

 

「獣になれない私たち」1 話の感想

 

物語だとわかっていても、晶がブラック企業のハゲ社長に理不尽な怒られ方をしたり、無茶ぶりされる仕事を押し付けられ、精神的に追い詰められていく姿を見ているとつらい〜!

 

自分がしたわけではない仕事のミスを全力でフォローしてまわって、それでももらえるのはご褒美ではなく怒声だけ、だなんて。

 

土下座させた男も、気持ち悪いし〜!! 自腹でみんなの食料買ったり。

 

ここまでひどくなくても、上司の理不尽に振り回された経験がある方なら、自分に置き換えてしまいそう。

 

 

第一話でわかったのは、晶は仕事で追い詰められているだけじゃなくて恋人との結婚にも悩んでいるということ。

 

輝くような笑顔の持ち主で、職場でも気づかい根回し完璧なキャリアウーマンで、同僚や後輩からも頼られている一見、完璧な女性。

 

恒星が見抜いたように我慢ばかりしてきて、本音を隠している晶はどこか「人形」のように生きているようにも見えます。

 

でも、晶も爆発しちゃうときがきて、初めて人間らしさを見せたのが・・・

 

「理想の女」であろうと無理をして、京谷の母・千春から「結婚」を促されたときでした。

 

引いてしまうほどに、複雑な家庭環境で育った晶が親と縁を切って生きてきたことを千春に暴露したときから、「ホンネ」が見えてきましたね。

 

彼のお母さんのほうから結婚を猛プッシュ!というのも、いいんだか悪いんだかって感じで、結婚に二の足を踏む晶にとってはあまりありがたくないですよね〜

 

最初は恒星って、なんてやな奴!って思ったけど、晶みたいに「いい子」すぎるひとにはちょうどいい相手なのかも。

 

これから晶と恒星がどうなっちゃうのか、気になります。

 

第二話が楽しみです!